ブラジリアンワックス脱毛をセルフでするための知識

ブラジリアンワックス脱毛のセルフとサロンの違い

ブラジリアンワックス脱毛は、ご自身でするセルフか、サロンにて専門家にしてもらう二通りの方法があります。いずれでも脱毛は出来ますが、それぞれのメリットの違いを把握して、ご自身にあった方を選ぶべきです。まずセルフで行う場合ですが、最大の利点として費用を削減出来る点があげられるでしょう。ブラジリアンワックス脱毛をするキットは、商品にもよりますが大体6,000円前後で購入できます。これは、サロンで施術を受ける場合の1回分に相当します。キットでは、複数回に分けて脱毛をしていけるため、1回あたりの単価に換算するとサロンより割安になります。次に、人の目に触れず、脱毛を出来る点です。サロンの場合、いくら専門のスタッフとはいえ、アンダーヘアを他人に見られる訳なので、恥ずかしくなってしまう事もあります。セルフですと、もちろん自宅で出来るため、安心して好きなように脱毛出来ます。加えて、予約や時間を気にする必要がないのも、セルフのメリットではないでしょうか。

ブラジリアンワックス脱毛をセルフでする注意点

価格の安さ、手軽に出来る等、様々なメリットから、ブラジリアンワックスをセルフでされる人は少なくないでしょう。ただ、これから始める人はまず、セルフで脱毛をする際の注意点も十分に把握しておかなければなりません。ご自身でする場合、どれくらいワックスを塗ったら良いのか、目安が不明になる事があります。ワックスが少なすぎると十分な効果を得られませんし、多すぎると貴重なワックスを無駄に消費してしまいます。スターターキットのように、細かい説明がある商品をはじめは買った方が、初心者も安心して始められます。また、セルフはサロンで施術を受けるのとは違い、やや脱毛をしづらい部分があります。ご自身の目で確認出来るVラインは比較的簡単ですが、IラインやOラインに関しては、鏡を通さなければなかなか確認出来ません。こういった点ではサロンで専門のスタッフにお願いした方が手軽ではありますが、どうしてもセルフでしたい場合には、せめて肌を痛めてしまわないよう、十分に注意しましょう。ブラジリアンワックスは、毛穴に炎症を起こしたり、時には出血したりと肌トラブルを起こす心配があります。また、埋没毛が出来てしまうリスクもありますので、一見すると簡単そうに見えるかもしれませんが、準備を整えた上で脱毛をしましょう。

まずはブラジリアンワックス脱毛をサロンで受けて勉強

上手に出来るのであれば、ブラジリアンワックス脱毛はセルフでされた方がお得ですし、気が楽です。しかし、初めてですとどうしてもコツがつかめず、上手に脱毛が出来なかったり、肌トラブルを起こしてしまったりする例も少なくありません。もし、今後もブラジリアンワックスでの脱毛を続けていく気持ちがあるのなら、一度サロンを利用して、どういった方法で脱毛をしてくれているのか勉強してみると良いです。脱毛を受けていると、ワックスをどうやって塗っているのか、姿勢はどうしているのが良いのか、ストリップスはどのようにして剥がすのかなど、ご自身の体で覚えられます。

ブラジリアンワックス脱毛はセルフとサロンのどちらにするべきか

いろいろ比較しても、結局ブラジリアンワックス脱毛をセルフとサロンのどちらでするか迷われる人もいると思います。人には相性があるため、どちらを絶対お勧め出来るというものではありませんが、向き不向きを把握すると判断しやすくなります。ブラジリアンワックスをセルフでするのに向いている方は、まず脱毛の手順をしっかり理解している人です。初めての人でも、説明書を見たり、インターネットで調べたりして、そのやり方が理解出来る方は、セルフでするのに向いているかもしれません。次に、サロンに行って脱毛をしてもらうほどの余裕がない人でしょう。サロンやプランにもよりますが、ブラジリアンワックスは1度の施術に大体6,000円前後の費用がかかってしまいます。1度きりならともかく、何度も脱毛を受けたいと考えるのであれば、サロンで施術を受ける費用は馬鹿になりません。そういった経済的な事情も考慮し、セルフにするかどうかを決めるべきです。また、ブラジリアンワックスはアンダーヘアだけではなく、腕や足の脱毛も出来ます。サロンでは広範囲にわたる施術となると、通常より高めに費用がついてしまうものの、ご自身でするのであればそれほど変わりません。ワックスの消耗は多くなるものの、サロンに比べると安く済みます。最後に、それほど細かく脱毛出来なくても気にしない人でしょう。自分ですると、細かい部分がきれいに抜けず、そういった部分は剃ったり抜いたりして処理することとなりますが、そのような手入れが気にならない人なら、セルフでも十分です。初めての方や細かく綺麗にしたい人であればサロンを利用する選択肢もありますが、こだわりがないのであれば、セルフでも十分肌を綺麗に処理出来ます。