ブラジリアンワックス脱毛をワックスシートで快適に

ブラジリアンワックス脱毛のワックスシートって何?

脱毛に使われるワックスシートというのは、ブラジリアンワックスのように粘着力でムダ毛を処理するのと似たようなものです。ただ、一般的なブラジリアンワックスの場合、お手入れをしたい部分にワックスを塗り、付属されているシートで抜くというのが一般的なやり方となります。対してワックスシートの商品については、もともとシートにワックスが塗ってあるため、ご自身でワックスを肌に塗って処理する手間がありません。

使い方はそれほど難しいものではありません。ワックスシートを温めると、シートに付着しているワックスが、ムダ毛に絡まりやすくなります。温めてから処理したい部分に貼りつけて、ワックスがしっかり絡んだら剥がすだけです。剥がした後はお手入れした部分を綺麗に拭き取り、さらに患部を冷やす事で完了となります。商品にもよりますが、粘着力が残っていれば、1枚でいくつかの箇所をお手入れ出来ますので、無駄なく使い切る方がお得でしょう。

ブラジリアンワックス脱毛と同様、ワックスシートを使ったものも、個人差はありますが10日から2週間くらいは効果が持続します。また、何度も繰り返して使っていくうちに、徐々に毛が薄くなってくれて、最終的にそれほどお手入れせずとも綺麗な状態を保ちやすくなります。綺麗にブラジリアンワックスを濡れるか分からないという方は、ワックスシートをご利用された方が簡単かもしれません。

ブラジリアンワックス脱毛、ワックスシートの利点や注意点について

ブラジリアンワックス脱毛をワックスシートでする事の利点ですが、何よりこまめに手入れをしなくて済むようになる事です。カミソリで剃ったり、あるいは毛抜きで抜いたりと、脱毛をしない場合の手入れの方法は人それぞれでしょう。しかし、ご自身で剃るような処理は、3日くらい経つとすぐにチクチクとムダ毛が生え始めてしまって、不快感を感じてしまいます。その点、ワックスシートで脱毛をした場合、10日から2週間程度効果が持つため、剃って処理するよりも多少ではありますが長持ちして快適です。

また、安全性が高いのも、ワックスシートによる脱毛の魅力でしょう。VIOラインのようにデリケートな箇所は、カミソリで剃ると稀に、怪我をしてしまう可能性があります。Vラインならともかく、OラインやIラインに関しましてはご自身の目で確認出来ませんので不安が残ります。しかしワックスシートであればカミソリで謝って肌を切ってしまう恐れはありませんし、カミソリ負けもしません。この点、ブラジリアンワックスで脱毛をする事は安全性に優れていると言えるでしょう。貼って剥がすだけのやり方なのでとても簡単です。ご自身で塗って使用するブラジリアンワックスよりも簡単なため、初心者でも気軽に始められます。

ただ、貼って剥がすという形になるため、人によっては痛みを感じたり、肌に負担をかけてしまったりする事がありますので、多少の注意は必要です。脱毛ワックスシートにも、ソフトタイプとハードタイプの2種類があり、それぞれでワックスの硬さ、原材料が違います。もし、痛みが不安であったり、あまり肌が強くなかったりする場合には、砂糖やハチミツが原料とされているソフトタイプから使用してみましょう。さらにワックスシートは最低でも5ミリくらいの長さがなければ綺麗に抜けない事が多いため、剃ったばかりの人は上手く使用できません。多少伸ばしてからの処理が必要です。

ワックスシートによるブラジリアンワックス脱毛のトラブルを把握

ブラジリアンワックスに限った事ではありませんが、脱毛は少なからずお肌に負担をかけてしまう行為です。そのためにトラブルが見られる例も決して少なくありません。どういう心配があるのか、前もって確認しておく事をおすすめします。

ブラジリアンワックスにおける肌トラブルの例として、「埋没毛」です。これは、自己処理の際に肌を痛めてしまったため、毛穴の表面が角質やかさぶたで覆われるものです。こうなると、毛穴の中から毛が顔を出す事が出来なくなり、皮膚の中で育ってしまいます。埋没毛を起こすと同時に、毛嚢炎と言われる毛穴の内部の炎症を起こす心配があります。無理矢理毛を引き抜くと、毛穴の中が傷ついてしまう可能性があるために、細菌が入り込む心配があるのです。

もちろん、ワックスシートでブラジリアンワックス脱毛をする時、商品の説明に正しく従っていれば、必ずこれらのような症状が出るとは限りません。ブラジリアンワックスを塗って使用するよりも、ワックスシートであれば失敗しづらいです。やり方は非常に単純であるため、一度もブラジリアンワックスを使用した事がない方も、シンプルに使いこなせるでしょう。ブラジリアンワックス、ワックスシートで脱毛をする際には、これらのような症状を起こさないように十分に注意し、デリケートゾーンのムダ毛処理を楽しんでいきましょう。